抗がん剤使用のメリットとデメリットについて

診断の結果、落ち着いて判断するために考えておきたいこと

何事にも後悔しない人はこの世に存在するのでしょうか。

患者として納得できるか

自分が病気になったらどうするかってことで「がん保険」なども販売されているのでしょう。誰しも、ガンになりたく兄という思いと、ガンで働けなくなるとどうしようかという不安などでしょう。そして、何よりじぶんの思うように体が動かなくなった場合、生活はどうするのか、という問題も生じてきます。
テレビなどで著名人がガンで亡くなったと報道されてはいるのですが、いざ、我が身になった場合、どのように対応できるのか、なども想定しておくためにがん保険が、販売されているのでしょうね。私も経済的に余裕があれば加入しておきたいですもん。保険に加入したからガンにならないということでもないのですが、やっぱり、お金があるのと無いのとでは精神的ゆとりが違ってきますもんね。

患者として?それとも近親者として?

人生における危機管理とでも言うのでしょうか。自分もですが、親近者が病気になった場合も辛いですよね。
自己啓発本にあるように、「病気のおかげで知ることができた世界」などもありますが、選択できるのなら、病気にならない方が良いでしょう。だから発病していなくても将来、発病する可能性があると云う理由で乳房を切除したという著名人もいるのですからね。
将来のことを案じて、今できる危険回避策だったのでしょうね。私にはそのような勇気も経済的な余裕も持ち合わせてはおりませんが。ガンに限らず、病気になることを想定して生きている人は、少ないのではないでしょうか。
しかしながら、命は限りあるものですから、日々後悔しなくて済むように暮らしていきたいものです。


この記事をシェアする
TOPへ戻る